既婚者の出会いはありだと考えます

私の中では既婚者になっても、新鮮な気持ちを保つ為に出会いに関しては賛成派です。
夫婦関係や家族関係を壊さずに秘めた恋愛をする分には全然ありだと思うのです。

今回は私が既婚者になってから出会った人と秘めた恋をして、良かったと思うことを簡単にですが、まとめてみたいと思います。

まず、第一に夫や家族にとても優しくなれる私がいます。
これは外で夫以外の男性と秘めた恋愛をしている事で、夫や家族に申し訳ないと言うのか、こんなに良い思いをさせてもらっているんだから、家庭内の事は一生懸命しようと思えるのです。
そうなると、自然と夫や家族にも優しい言葉をかけたり、面倒を見てあげようと思える様になるから不思議です。

次に自分自身がとてもきれいになれるのです。これは私だけは無くて世の中の既婚者女性で恋愛をしている人は全員そうだと思います。家庭内だけに収まっている人とはその辺りだけは全く違って、周りから何でそんなにキレイなの?輝いているなどということを言われます。
自分でもキレイを意識して、体重のコントロールをしたり、肌の手入れなども凄く気を使っているので、その辺りは普通の主婦をしているよりも自信があります。

そして次に世の中の流や流行にとても敏感になれます。これはいつもアンテナを張っていて、家族に秘めた恋愛がばれない様にしたり、また恋愛対象の人との新鮮な会話をする為に常に情報にも敏感になるので、常に世の中の事が分かる自分であると思います。

そして、最後は独身時代から付き合いがある独身の友人とも話が凄く合うのです。これは家庭にどっぷりつかっているとありえないと思います。
なので、常に独身時代の友人からはお呼びがかかるので、そこからまた新たな出会いに発展する事はあるのです。そういう意味でも、私は既婚者の出会いや恋愛はとても大切だと思うのです。
家庭を大切にしながら、外で思う存分楽しむ事は絶対に必要なことなので、今後も恋愛は続けたいと思います。

既婚者でも出会ってしまった時の心と体

出会いを求めていたわけではないのに、出会ってしまうということもあります。特に今はSNSがあり、ほぼ全員がスマホなどを持ち歩いています。いつでも、自分だけの時間を作ることができます。

ですから、既婚者であろうと、出会いのチャンスはそこら中に満ち溢れていると言っても過言ではないでしょう。

そして、出会って、そのSNSでのおつき合いを楽しむだけの距離感を保つことができれば、それは悪い事とは言えないでしょう。ただし、それ以上に関係が進まなければ、という前提つきです。

人間は親しくなった人とは会いたくなります。これは何も男女の関係だけで生ずる感情ではありません。同性の友人であっても、文字でのやり取りからだんだんと親しみを感じ、お互いにかけがえのない人になり、そのうち近くに住んでいれば食事をしたり遊びに行ったりということもあるでしょう。遠くに住んでいても、いつか時間を合わせてどこかで会う約束をして、いつか実現するかもしれません。

それと同じことが男女の関係にもおきます。そして、会うだけならまだ問題はないでしょう。今はセカンドパートナーというのも流行っているようです。このセカンドパートナーというのは、体の関係を持たない2番目のパートナーということだそうです。なかなか信じ難いものがありますが、実際にそのようです。

しかし、男女ですから、お互いを求め合うというのは基本的には当然のことでしょう。ただし、結婚しているからそれがタブーというだけです。

特に結婚してからある程度時間が経つと、パートナーのことは嫌いにはなっていないのですが、家族として見る目が強くなってしまいがち。要するに、ドキドキしなくなってしまうということがあります。

それで、他の人に目がいってしまうというのは、不思議なことではないでしょう。結婚をしていても好きな人はできるものです。残念ながら、これは否定できないのではないでしょうか。

そして、もしも関係が進んでしまったとしても、元の鞘に戻れるのであれば、それは幸せであると言えるでしょう。そして、そうすべきであると思います。一時の恋を楽しんでもよいです。きっと、ものすごく燃え上がるでしょう。体に火がついてしまって、禁断の恋の味が忘れられなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、その後にどうなるかということも考えて行動する必要があります。自分の本当のパートナーには気がつかれない方が良いでしょう。関係をもってしまったとしても、絶対に気づかれないようにするのが、パートナーへの思いやりではあるでしょう。禁断の恋の味にもだんだん慣れるということを忘れないでおきましょう。